1026

無人航空従事者試験(ドローン検定)

検定・資格・事前準備なし 有料
基礎・教養 工学
主催者
ドローン検定協会株式会社
開催期間
通年開催
申込期間
随時募集
開催地域
その他
対象者
小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生 / 高校生 / 大学生 / 社会人
事前準備
事前準備なし
なし
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

このイベントに関連があるSDGsの17の目標

4: 質の高い教育をみんなに 8: 働きがいも経済成長も 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう

ドローン検定実施の背景

ドローン(マルチコプター)を用いての各事件により全国的に規制が強まる中、適切な準備と技量によりドローンを活用しているユーザーさえも、世間から厳し目で見られている現状があります。

今般発生しているドローンによる事故や事件により規制が強まる中、世界的にもドローンの活用拡大は目覚ましいものとなっています。国内でも、航空法の一部改正を始め、法的整備が整いつつあるところ、使用者の適切な管理と操縦者の高い能力が求められています。

そこで、無人航空従事者試験(ドローン検定)では、ドローンを取り扱う従事者の知識レベルを客観的に評価し、その向上と周囲の方への理解を広めることを目的としています。
また、この検定を機にドローンパイロットが正しい知識を身につける機会となることを目指します。

実施日程

年6回実施
1月、3月、5月、7月、9月、11月
※1級試験のみ1月、5月、9月に実施
※試験時間:15時10分〜16時40分(90分)
※受験申込締切は、ドローン検定開催月の前月末日(休日の場合は翌平日)までです。

検定級・試験内容

無人航空従事者試験は、筆記による試験で、1級~4級に分けて実施いたします。
試験の内容は、用語や機体の構造といった基礎知識から、飛行に関する特性、電気電子工学、航空力学、気象学、関連法規などを問う問題となっています。 級数に応じて出題範囲と難易度が異なります。

受験資格

1級:ドローン検定協会主催ドローン検定2級取得者
2級:ドローン検定協会主催ドローン検定3級取得者
3級:どなたでも受験可能です
4級:どなたでも受験可能です

出題方法

ドローン検定の試験は、筆記試験のみで行われます。解答方法は、選択肢から設問に応じた答えを選ぶマークシート方式です。
各設問4択の選択肢の中から1つだけを選びます。1問2点で全50問です。

出題範囲・合否判定

用語、基礎、機体特性、工学・気象学、電気電子工学、 法規A(電波法・航空法)、法規B(民事・刑事)
※詳細は公式サイトで確認してください。

80点以上で合格です。

試験実施地

毎試験受付時に、実施要項にて発表されます。同じエリアで毎回開催されるとは限りませんのでご注意ください。
具体的な受験地については、郵送にて送られてくる受験票に記載されています。

受験料

1級:18,000円
2級:12,000円
3級:5,500円
4級:3,000円

お申し込み

ホームページ右上の「受験案内(受験申込)」より、受験申し込み手続きを行ってください。各会場と各級により申し込みされる際のボタンが異なりますので間違いの無いようにお願いいたします。

お申し込み後、受験料のご入金をお願いいたします。ご入金を確認できた方より、順次(1週間前後にて)受験票を郵送させていただきます。

後援

一般財団法人 JAREX
一般社団法人 日本ドローン協会
ITH 合同会社
ドローンパイロットアカデミー

お問い合せ

公式サイトの問い合せフォームをご利用ください。

0942-85-9737
(受付/10:00~17:00 土日祝除く)

その他

ドローン検定はドローン検定協会 株式会社の登録商標です。
類似する名称「日本ドローン検定」とは一切関係はございません。

申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る