Detail image

【慶應義塾大学アート・センター】アート・アーカイヴ資料展XXIII 槇文彦と慶應義塾 II

展示・見学・事前準備なし 無料
基礎・教養 社会・コミュニティ 工学 デザイン・ものづくり アート・表現 ファッション・生活 環境
主催者
慶應義塾大学アート・センター
開催期間
2022年10月03日(月) ~ 2022年12月09日(金)
申込期間
2022年10月03日 ~ 2022年12月09日
開催地域
関東
対象者
小学校高学年 / 中学生 / 高校生 / 大学生 / 社会人
事前準備
事前準備なし
なし
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

このイベントに関連があるSDGsの17の目標

12: つくる責任つかう責任 16: 平和と公正をすべての人に 17: パートナーシップで目標を達成しよう

【慶應義塾大学アート・センター】アート・アーカイヴ資料展XXIII 槇文彦と慶應義塾 II

2020年度に開催した「アート・アーカイヴ資料展XX 慶應義塾と槇文彦I:反響するモダニズム」に続き、慶應義塾に存在する槇文彦による建築の意義を問う展覧会シリーズの第2回展。今回は槇がキャンパス全体のグランドデザインから一貫して関わり続けた、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)を取り上げる。

槇はかねてより個々の建築物が関係することで生み出される全体の効果について探求しており、その中でも共通の因子を持つ建築物が連関することで全体のフレームを形成する「群造形」を提唱していた。建築物同士の関係性を重視したこの思想を槇は各所で試みていたが、何もないところから全てを作り上げる必要があったSFCの整備計画は、それを巨大な規模で実践する格好の機会であった。本展覧会ではこうした点に着目し、群造形という概念をキャンパスの生成に用いることで、槇がどのような環境を創出したのかを探っていく。

イベント詳細

◆内容
展示/見学

対象・定員

◆対象
どなたでもご参加いただけます。

日時・会期

◆会期
2022年10月3日(月)〜12月9日(金)

◆開催時間
11:00〜18:00

◆休館日
土・日・祝

場所

慶應義塾大学アート・スペース

料金・準備物

◆料金
無料

申し込み

◆申込方法
事前申込み不要

※詳細は公式サイトをご確認ください

お問い合せ

慶應義塾大学アート・センター

TEL /03-5427-1621
FAX/03-5427-1620
E-Mail/ac-tenji@adst.keio.ac.jp

開催地

慶應義塾大学アート・スペース

東京都港区三田2-15-45
東京都港区三田2-15-45
申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る