Detail image

復帰50年コレクション展 FUKKI QUALIA (フッキ クオリア)―「復帰」と沖縄美術

展示・見学・事前準備なし 有料
基礎・教養 政治・法 社会・コミュニティ 国際関係 デザイン・ものづくり アート・表現 ファッション・生活
主催者
沖縄県立博物館・美術館
開催期間
2022年07月20日(水) ~ 2023年01月15日(日)
申込期間
随時募集
開催地域
九州・沖縄
対象者
小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生 / 高校生 / 大学生 / 社会人
事前準備
事前準備なし
なし
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

このイベントに関連があるSDGsの17の目標

8: 働きがいも経済成長も 11: 住み続けられるまちづくりを 16: 平和と公正をすべての人に

FUKKI QUALIA(フッキ クオリア) ― 「復帰」の感覚

「祖国復帰」「本土復帰」「日本復帰」「沖縄返還」・・・1972年の日本への沖縄施政権返還は様々に表記されますが、沖縄の多くの人は「復帰」と呼びます。どこへ帰るのかあいまいに響く「フッキ」には、沖縄が歩んだ歴史への複雑な心情がにじむようです。ラテン語であるQUALIA(クオリア)とは、赤いリンゴを見て「赤いと感じる」などの、主観的な経験に基づく感覚だといわれます。「復帰」から50年が経つ現在、沖縄に住む人々の6割は「復帰」を直接には経験していません。
本展では、「アメリカ統治下」、「復帰」、さらに「復帰後」の社会を見つめた作品や作家たちの動きを紹介します。復帰を経験した人も経験していない人も、作品からフッキクオリアを感じることがあるかもしれません。

※会期中展示替えがあります。前期は復帰前、後期は復帰後の作品を紹介します。
【前期】7月20日(水)~10月16日(日)
【後期】10月22日(土)~2023年1月15日(日)
(休室期間:10月18日(火)~10月21日(金))

イベント詳細

◆内容
展示/見学

対象・定員

◆対象
どなたでもご参加いただけます。

日時・会期

◆会期
2022年07月20日(水) ~ 2023年01月15日(日)

※会期中展示替えがあります。前期は復帰前、後期は復帰後の作品を紹介します。
【前期】7月20日(水)~10月16日(日)
【後期】10月22日(土)~2023年1月15日(日)
(休室期間:10月18日(火)~10月21日(金))
◆開館時間
開館時間 9:00~18:00(金・土は20:00まで)
※入場は閉館の30分前まで

◆休館日
毎週月曜日(月曜日が祝日にあたる場合は開館し、翌平日が休館)、年末年始

場所

沖縄県立博物館・美術館

料金・準備物

◆料金
一般400円(320円)、高校・大学生 220円(180円) 、小・中学生〔県外〕100円(80円)

※( )は20名以上の団体料金  
※未就学児、県内小・中学生は無料
※キャンパスメンバーズは無料 
※70歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方、および介助者の方1名は無料(身分証の提示が必要です)

◆準備物
なし

申し込み

◆申込方法
事前申込不要

お問い合せ

沖縄県立博物館・美術館

TEL /098-941-8200

開催地

沖縄県立博物館・美術館

沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る