Detail image

【ドキュメンタリー映画】木樵(きこり)

参加・体感・事前準備なし 有料
基礎・教養 経済・ビジネス 社会・コミュニティ デザイン・ものづくり 生物・農業 アート・表現 ファッション・生活 環境
主催者
株式会社平成プロジェクト / 2021「木樵」製作委員会
開催期間
2022年10月01日(土) ~ 2022年12月08日(木)
申込期間
随時募集
開催地域
その他
対象者
小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生 / 高校生 / 大学生 / 社会人
事前準備
事前準備なし
なし
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

このイベントに関連があるSDGsの17の目標

4: 質の高い教育をみんなに 11: 住み続けられるまちづくりを 15: 陸の豊かさも守ろう

寡黙に、直向きに山と生きる男たちを描く 渾身のドキュメンタリー映画 悠久の時を超えて、飛騨の山に生きる木樵(きこり)たちの物語。 伐って、植えて、育てる。その木を伐るのは孫の世代。 「山を護る木樵(きこり)って、カッコいい」

舞台は9割が山林に覆われる山国、岐阜県飛騨地方。
およそ50年間、木樵(きこり)の仕事で生計を立てている高山市滝町の面家(おもや)一男さんと弟の瀧根(たきね)清司さん2人とその家族、弟子たちの日常を1年にわたり追い掛けたドキュメンタリー映画である。
兄弟が木樵(きこり)として働く姿を通して、林業がその土地と深く繋がっている様や、緩やかに流れる時間の中で森林と共に生活する「山の暮らし」の継承を描いている。
宮﨑監督は「この映画は林業の現状を訴えるために撮ったのではない」と強調する。林業の最盛期に木樵(きこり)になり、状況が厳しくなるばかりの中で仕事を続ける兄弟は「経済的に苦しい時もあったかもしれない」。それでも彼らと過ごして感じたのは、「とても豊かな人生を過ごしているということ。観た人にもそれが伝われば」と願う。
山と生きる人たちのひたむきな姿勢は、私たちの今後の生き方にヒントを与えてくれるのではないか。

イベント詳細

◆内容
ドキュメンタリー映画鑑賞

対象・定員

◆対象
どなたでもご参加いただけます。

日時・会期

◆公開日
秋田 アルヴェシアター 10/21、御成座 10/21
ヒューマントラストシネマ有楽町 10/14-10/23、シネ・リーブル池袋 10/21
イオンシネマ春日部 10/14
宇都宮ヒカリ座  12/2
愛知 名演小劇場 10/1
岐阜 CINEX 10/1、でこなる座 10/1、大垣コロナシネマワールド 10/14、イオンシネマ各務原 10/14
イオンシネマ津  10/14
シネ・リーブル梅田 10/14
UPLINK京都 10/14
シネ・リーブル神戸 10/21
イオンシネマ和歌山 10/14
イオンシネマ佐賀大和 10/14
イオンシネマ熊本 10/14

※上映日程、時間等詳細は各上映館にお問合せください。

◆11月以降公開
青森 シネマディクト
フォーラム仙台 
静岡 シネギャラリー
愛媛 シネマサンシャイン重信 
福岡 KBCシネマ

場所

「日時・会期」欄参照

料金・準備物

◆料金
各上映館へお問合せください。

◆準備物
なし

申し込み

◆申込方法
事前申し込み不要

お問い合せ

アルヴェシアター 018-884-7450、御成座 0186-59-4974
ヒューマントラストシネマ有楽町 03-6259-8608、シネ・リーブル池袋 03-3590-2126
イオンシネマ春日部 048-718-1033
宇都宮ヒカリ座 028-633-4445
名演小劇場 052-931-1701
CINEX 058-264-7571、でこなる座 0577-57-5788、大垣コロナシネマワールド 0584-75-5760、イオンシネマ各務原 058-380-7077
イオンシネマ津 059-224-8689
シネ・リーブル梅田 06-6440-5930
UPLINK京都 075-600-7890
シネ・リーブル神戸 078-334-2126
イオンシネマ和歌山 073-456-5055
イオンシネマ佐賀大和 0952-64-8787
イオンシネマ熊本 096-235-7707

申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る