Detail image

KeMCo新春展2023 うさぎの潜む空き地 特別企画 鏡花のお気に入りたち

展示・見学・事前準備なし 無料
基礎・教養 文学 言語・コミュニケーション 社会・コミュニティ デザイン・ものづくり アート・表現 ファッション・生活 心・身体
主催者
慶應義塾ミュージアム・コモンズ / 慶應義塾大学三田メディアセンター
開催期間
2023年01月10日(火) ~ 2023年02月09日(木)
申込期間
2023年01月10日 ~ 2023年02月09日
開催地域
関東
対象者
小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生 / 高校生 / 大学生 / 社会人
事前準備
事前準備なし
なし
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

このイベントに関連があるSDGsの17の目標

4: 質の高い教育をみんなに 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう 17: パートナーシップで目標を達成しよう

KeMCo新春展2023 うさぎの潜む空き地 特別企画 鏡花のお気に入りたち

新たな年の挨拶にはどんな言葉やイメージを添えるでしょうか。お祝いの言葉、近況報告、親しい人の写真・・・「干支」も馴染み深いものです。2023年の干支は「卯」。うさぎは「不思議の国のアリス」や「ウサギと亀」などの物語でおなじみです。みなさん、うさぎにどのようなイメージを持っていますか?

本展覧会では、新年の幕開けに、三田キャンパスで文化財を巡る活動を行う7 つの部門から、「うさぎ」にまつわる様々な作品を集め、ご来場の皆様を、かわいいけど少し怖いうさぎの世界にご案内します。あわせて、うさぎを愛した小説家、泉鏡花のコレクションを紹介します。鏡花は、母親から、自身の向かい干支であるうさぎを象った水晶の置物をお守りとして授かり、生涯大事にしました。また鏡花の身の回りには、知人から贈られたうさぎの品々が集まってきました。今回の展覧会ではそのような鏡花の私的な交友関係の一例として、九九九会(くうくうくうかい)を紹介します。

イベント詳細

◆内容
展示/見学

対象・定員

◆対象
どなたでもご参加いただけます。

日時・会期

◆会期
2023年1月10日(火)~2月9日(木)
※特別開館|1月21日(土)、2月4日(土)

◆開館時間
11:00–18:00
(最終入場は閉館30分前まで)

◆休館日
土日休館
※臨時休館|1月16日(月)、1月30日(月)

場所

慶應義塾ミュージアム・コモンズ展示室

料金・準備物

◆料金
無料

申し込み

◆申込方法・申し込み先
事前申込み不要
※団体(10名以上)でのご来館の際は事前にご連絡ください

※詳細は公式サイトをご確認ください

共催・協力など

協力/泉鏡花記念館、慶應義塾大学アート・センター、慶應義塾大学附属研究所斯道文庫、慶應義塾大学文学部美学美術史学専攻、慶應義塾福澤研究センター、慶應義塾大学文学部民族学考古学専攻

お問い合せ

慶應義塾ミュージアム・コモンズ

TEL /03-5427-2021
FAX/03-5427-2022
E-Mail/hello@kemco.keio.ac.jp

開催地

慶應義塾ミュージアム・コモンズ展示室(三田キャンパス東別館)

東京都港区三田2丁目15-45
東京都港区三田2丁目15-45
申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る