2058

銕仙会青山能〈1月〉

参加・事前準備なし 有料
基礎・教養 アート・表現
主催者
銕仙会
開催期間
2018年01月24日(水)
申込期間
~ 2018年01月23日
開催地域
関東
対象者
小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生 / 高校生 / 大学生 / 社会人
事前準備
事前準備なし
なし
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

銕仙会・銕之丞家とは

銕仙会は江戸中期の十五世観世左近元章のときに分家し、現在に至るまで能界に重きをなしている観世銕之丞家を中心とした演能団体で、近年は七世観世銕之丞雅雪の長男、観世寿夫を中心として、広く舞台芸術の視野から能を見直し、地謡をはじめ、ワキ方、囃子方、狂言方の全ての役を大切にすることで密度の高い舞台を実現し、高い評価を得ている。寿夫没後もその主張に基づき、従来の作品の演出的見直しを始めとして、現代に生きる演能活動を八世観世銕之亟静雪(人間国宝)のあとをうけた九世観世銕之丞を中心に続けている。
また銕仙会は笛方の一噌要三郎の次男銑二(一噌仙幸の伯父で、華雪の妹の梅子が嫁ぎ、華雪とは義兄弟)が銕之丞家に内弟子に入り、子供の頃から一緒に修業をしていた華雪と二人の演能の会を始めたのが最初で、当初は銕銑会と称していたが、明治44年の銑二没後、銕仙会と表記するようになった。
(敬称略)

銕仙会青山能〈1月〉

■演目
 仕舞「西行桜」観世銕之丞
 仕舞「東北キリ」鵜澤久
 狂言「簸屑」高野和憲
 能「高砂」観世淳夫

※終演後に能楽小講座あり。
 その日の演目を中心に、能楽師が初めての方にも分かりやすくお話をいたします。

日時

2018年1月24日(水)
午後6時30分開演
午後8時40分頃終演予定

場所

銕仙会能楽研修所

入場料

自由席 4,500円
学生 2,200円
ベンチシート(限定10席) 5,000円
※12/20現在、ベンチシートは売り切れです。

申し込み

公式サイト内チケット申し込みフォームよりご予約ください。

問合せ先

銕仙会(03-3401-2285)

開催地

銕仙会能楽研修所

東京都港区南青山4-21-29 銕仙会能楽研修所
東京都港区南青山4-21-29 銕仙会能楽研修所
申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る