2305

自然観察園

展示・見学・事前準備なし 無料
生物・農業 環境
主催者
岩手大学
開催期間
通年開催
申込期間
随時募集
開催地域
東北
対象者
小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生 / 高校生 / 大学生 / 社会人
事前準備
事前準備なし
なし
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

自然観察園の沿革

自然観察園の前身は盛岡高等農林学校時代の植物園であり、その歴史は創設時(1902年、明治35年)まで遡ります。『回顧六十年』には、「明治38年12月28日植物園開設」と記されていますが、その設置場所や規模などについては明記されていません。

東京帝国大学、札幌農学校に続くわが国3番目の大学植物園でありましたが、1911年(明治44年)今の場所に移転しました。開設当時の植物園は、「元第一教舎の南東」にあったと記録されていることから、今のミュージアム本館付近にあったものと思われます。移転後、しばらくは植物園として利用されてきましたが、1974年(昭和49年)に農学部に再び移転し、今の植物園の場所になりました。

この敷地には、高等農林時代からの樹木・灌木がそのまま残されていたことから、自然観察園(通称「学芸の森」)として多くの市民と学生に親しまれてきました。

所在地

岩手大学教育学部周辺

自然観察園オープンギャラリー

大学キャンパスをのんびり散歩してみませんか。植物園、自然観察園や中央食堂前には彫刻が設置され、緑の中の展示空間です。見るだけでなく、直に触れることで、より身近に作品を鑑賞していただけます。四季折々の自然の中でくつろぎながら彫刻との対話をお楽しみください。
これらの野外彫刻は、ただそこにあるだけではなく、周囲の環境と調和を考え、より良い景観をつくりだす目的があります。また、彫刻には、作家や設置者の願いや意図、見る人へのメッセージが潜んでいます。それぞれの彫刻の背景を調べてみるのも、野外彫刻の楽しみ方の一つかも知れません。

問い合せ先

岩手大学総務部総務広報課
電話:019-621-6006

※こちらの情報は2018年2月20日現在のものです。最新情報は公式HPから必ずご確認ください。

開催地

岩手大学自然観察園

岩手県盛岡市上田3-18-8 岩手大学
岩手県盛岡市上田3-18-8 岩手大学
申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る