2612

カルチュラル・タイフーン2018

セミナー・シンポジウム・事前準備なし 有料
基礎・教養 文学 言語・コミュニケーション 経済・ビジネス 社会・コミュニティ 国際関係 数理 デザイン・ものづくり 生物・農業 教育 アート・表現 ファッション・生活 心・身体 環境
主催者
カルチュラル・タイフーン 2018 大会委員会 / カルチュラル・スタディーズ学会
開催期間
2018年06月23日(土) ~ 2018年06月24日(日)
申込期間
随時募集
開催地域
近畿
対象者
小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生 / 高校生 / 大学生 / 社会人
事前準備
事前準備なし
なし
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

カルチュラル・タイフーン2018

2003年の第1回カルチュラル・タイフーンが早稲田大学で開催されて以来、今年で16年が経ちます。イラク戦争が開始され、新自由主義政策が猛威を振るいはじめた当時から、世界情勢のみならず、私たちを取り巻く文化・社会・経済・政治状況は大きく変わってきました。それらの情勢の変化は、カルチュラル・スタディーズをはじめとする人文・社会科学の研究にも大きな変革を迫っています。

政治情勢についていえば、アメリカや日本にかぎらず多くの先進諸国でポピュリズムが猛威を振るうようになり、排外的・差別的な風潮が蔓延するばかりか、戦前の軍国主義と全体主義への回帰を求める傾向が高まっています。他方で経済情勢についていえば、新自由主義的グローバリゼーションと金融資本主義化の流れは止まるところを知らず、国家どころか家族や個人さえも底なしの債務の泥沼に飲み込まれつつあります。社会情勢についていえば、首都と地方の文化・経済の格差がますます激しくなっているだけでなく、首都と地方の内部においてさえ、ジェントリフィケーションやコンパクトシティ化の進行によって、人々のあいだに文化・経済・社会的資源をめぐる不平等が拡大しています。さらに大学や学会をはじめとする機関の研究者たちも、上記の流れに飲み込まれ、権力への批判的視点を捨てて「御用学者」になることを強いられています。

他方では、こうした流れに抗して、新たな社会・政治・経済のあり方、そして新たな学門のあり方を求める動きが世界的に強まっていることも確かです。しかし、現在の変化が政治・経済・社会だけでなく、それらを支えている文化と個人精神を飲み込む運動であることも、それが合理的な説得や制度的な変革がもはや通用しない強力な情動に支えられていることも確かです。そして、そのような問題こそは現代社会の文化と政治の問題に正面から向き合ってきたカルチュラル・スタディーズが取り組まなければならない課題であることは明らかです。私たち実行委員が2018年のテーマを以下のように設定した理由も、そこにあります。

情動化する社会の政治・経済・文化————グローバル資本主義に未来はあるか?

実行委員会代表 村澤真保呂(龍谷大学)

イベント詳細

◆メインシンポジウム
「情動化する社会の政治・経済・文化ーグローバル資本主義に未来はあるか?」
23日 13:00〜15:30

◆シンポジウム
「東アジアにおけるジェントリフィケーション」
24日 10:00〜12:30

◆シンポジウム
「東京オリンポック2020を再考するー批判的オリンピック研究に向けて」
24日 15:15〜16:15

その他プロジェクトワークス多数
※詳しくは公式サイトをご確認ください。

対象・定員

◆対象
どなたでもご参加いただけます。
プロジェクト・ワークスのみのご参加に関しては、学会員でなくとも参加していただけます。当日に参加費のみお支払いただくことになります。

日時・会期

2018年6月23日(土)、24日(日)

場所

龍谷大学 大宮キャンパス

料金・準備物

◆料金
参加費:学生1000円 一般3000円
・プロジェクト・ワークスのみご観覧の場合は無料です。
・途中退出、再入場はご自由にしていただけます。

共催・協力など

共催/龍谷大学国際社会文化研究所

開催校実行委員/村澤真保呂(龍谷大学)、杉村昌昭(龍谷大学名誉教授)、増田靖彦(龍谷大学)、清家竜介(龍谷大学)、下村晃平(立命館大学)、大畑凛(大阪府立大学)、森田和樹(同志社大学)、今津有梨(一橋大学)

大会委員/川村覚文(関東学院大学)、安藤丈将(武蔵大学)、諫山三武(株式会社未知の駅)、伊藤守(早稲田大学)、井上弘貴(神戸大学)、大山真司(立命館大学)、辛島理人(神戸大学)、川端浩平(福島大学)、近藤和都(日本学術振興会)、小島亜佳莉(DAYS JAPAN)、清水友理子(一橋大学)、竹田恵子(東京大学)、田中東子(大妻女子大学)、鄭優希(国際基督教大学)、丁智恵(東京工芸大学)

Special Thanks/映画「月夜釜合戦」製作委員会

その他・注意事項

・受付および実行委員会事務局にてお荷物をお預かりすることはできません。ご来場前に、ホテルや、駅のコインロッカー等にお預けくださるようお願いします。
・会場となる龍谷大学大宮学舎には、駐車場が併設されておりません。ご来場に際しては、両日共に公共交通機関等をご利用くださいますようお願いいたします。
・指定された喫煙場所以外での喫煙は禁止いたします。
・敷地内、周辺地域で騒音を出す行為はお控えください。
・ゴミの分別にご協力お願いいたします。

お問い合せ

カルチュラル・スタディーズ学会事務局
大妻女子大学 文学部コミュニケーション文化学科 田中東子研究室気付
〒102-8357 東京都千代田区三番町12
MAIL/association.ct.secretary@gmail.com

開催地

龍谷大学 大宮キャンパス

京都府京都市下京区東大工町125番地の1 龍谷大学 大宮学舎
京都府京都市下京区東大工町125番地の1 龍谷大学 大宮学舎
申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る