3025

第62回 日本学生科学賞

公募・コンクール・事前準備あり 無料
基礎・教養 数理 工学 生物・農業 看護・保健・福祉 医・歯・薬 宇宙 環境
主催者
読売新聞
開催期間
2018年09月01日(土) ~ 2018年10月28日(日)
申込期間
~ 2018年10月28日
開催地域
その他
対象者
中学生 / 高校生
事前準備
事前準備あり
あり
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

第62回 日本学生科学賞

1957年にスタートした日本学生科学賞は、中学生、高校生を対象にした歴史と伝統のある日本一の科学コンクールです。昨年の第61回大会では、全国の中学・高校から約7万点の研究作品が参加しました。

今大会でも、身の回りの小さな疑問や不思議の解明、教科書に書かれている学説に対する疑問の解決などについて、個人、もしくは同じ学校の生徒が共同で行った実験・研究・調査などの作品を募集します。学校の課題研究の発表も歓迎。「科学する心」が伝わる研究作品を強く期待します。

イベント詳細

◆募集分野
6分野の研究作品を募集します。
物理/化学/生物/地学/広領域/情報・技術
※広領域は複数の分野にわたる研究など。
※情報・技術は審査方法が異なります。詳しくは公式サイトをご確認ください。

◆賞
<入賞>
楯と副賞(研究奨励金)が贈られます。
内閣総理大臣賞 2点 副賞:50万円 (中学・高校から各1点)など

<入選>
楯が贈られます。
1等 18点 (中学・高校から各9点)など

<特別賞>
楯と副賞(研究奨励金)が贈られます。
学校賞 2校 副賞:20万円 (中学・高校各1校)など

<入賞すると>
高校生が中央最終審査で上位入賞すると、AO入試の受験資格が得られるほか、ISEF2019へ代表派遣されるチャンスがあります。

対象・定員

◆応募資格
中学・高校の生徒。国・公・私立は不問。高等専門学校・定時制高校の生徒は3年生まで。

日時・会期

<スケジュール>
◆地方審査(物理/化学/生物/地学/広領域) 
受付期間:2018年9月~10月
募集期間については各都道府県ごとに異なります。
地方審査お問い合わせ先や、読売新聞の各地域版でご確認ください。

◆事前審査(情報・技術)
受付期間:2018年9月4日(火)~10月28日(日)

◆中央予備審査
2018年11月17日(土)・18日(日)

◆中央最終審査
2018年12月22日(土)・23日(日・祝)

◆表彰式
2018年12月24日(月・休)

お申し込み

<応募について>
■地方審査 (物理/化学/生物/地学/広領域)
都道府県ごとに中央予備審査に進む代表作品を、原則として中学の部、高校の部で各3点決めます。ただし北海道、千葉、埼玉、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡(全日本科学教育振興委員会が承認した都道府県)は各6点ずつです。審査結果は読売新聞の各地域版で発表します。
※作品の送り先、受付期間、応募基準などの詳細は地方審査お問い合わせ先や、読売新聞の各地域版でご確認ください。

■事前審査 (情報・技術)
「情報・技術」の作品は、地方審査(都道府県大会)を行わず、中央予備審査に進む作品を選定する、事前審査を行います。

※その他詳細は公式サイトをご確認ください。

共催・協力など

共催/科学技術振興機構
協賛/旭化成

お問い合わせ

読売新聞東京本社事業開発部 日本学生科学賞事務局
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
TEL/03-3216-8606(平日10~18時)
FAX/03-3216-8976

申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る