%e5%8c%97%e9%87%8c%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%bb%e5%83%8f%e8%a8%ba%e6%96%ad

第10回北里大学医学部附属新世紀医療開発センターシンポジウム

セミナー・シンポジウム・事前準備なし 無料
基礎・教養 看護・保健・福祉 医・歯・薬
主催者
北里大学医学部
開催期間
2018年12月19日(水)
申込期間
~ 2018年12月19日
開催地域
関東
対象者
小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生 / 高校生 / 大学生 / 社会人
事前準備
事前準備なし
なし
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

第10回北里大学医学部附属新世紀医療開発センターシンポジウム

医学部附属新世紀医療開発センターは、「知られざる画像診断の世界」をテーマに、第10回シンポジウムを開催します。
画像診断は、近年の医療機器の進歩に伴って、病気の診断や治療方針を検討する上で、非常に重要な役割を担っています。画像診断では、CT、MRIといった医療装置を用いて私たちの身体の内部を鮮明に画像化し、放射線診断医が専門的な視点でそれらの画像を解析・読影して、さまざまな病気の早期発見・診断・治療をサポートしています。

今回のシンポジウムでは、CT・MRI検査の各々の特徴・違い・使い分け、画像診断技術を応用した血管内治療(IVR)、X線検査被ばくの適正化など、普段直接知る機会が少ない画像診断診療について、分かりやすくご紹介します。

イベント詳細

◆プログラム
司会/田邉 聡(新世紀医療開発センター 低侵襲光学治療学・教授)
開会の挨拶/宮下 俊之(北里大学医学部長)
講演1/「CT、MRI検査とは-特徴、違い、使い分け-」
原留弘樹(新世紀医療開発センター 先端放射線画像解析学・教授)
講演2/「画像診断技術を用いた負担の少ない治療-血管内治療やCTを用いた治療-」
松永敬二(北里大学医学部 放射線科学「画像診断学」・診療准教授)
講演3/「検査による放射線被ばく-放射線の適正使用に向けて-」
井上優介(北里大学医学部 放射線科学「画像診断学」・教授)
閉会の挨拶/岡本 浩嗣(新世紀医療開発センター センター長・教授)

対象・定員

◆対象
一般の方

◆定員
180名

日時・会期

2018年12月19日(水) 18:00~19:40(終了予定)

場所

ユニコムプラザさがみはら セミナールーム1・2
(ボーノ相模大野サウスモール3階 小田急「相模大野」駅北口より徒歩3分)

料金・準備物

無料

お申し込み

参加費無料、事前申し込みが必要です。
FAX、E-mail、電話のいずれかにて、お申し込みください。定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
申し込み宛先:株式会社プランニングウィル
FAX:03-6801-8094(24時間受付) 参加申込書 に記載の上、FAXをお送りください。
E-mail:reg-kitasato10s@pw-co.jp(24時間受付) 氏名、住所、年齢、電話番号、FAX番号をご記入ください。
TEL:03-6801-8084(平日11時から17時まで)

※ご質問がある場合は、FAXまたはE-mailでお申込みください。お電話でのご質問は承っておりません。

共催・協力など

共催/北里大学病院、北里大学東病院
後援/神奈川県、相模原市、座間市、町田市、相模原市医師会、海老名市医師会、座間綾瀬医師会

お問い合わせ

北里大学医学部 総務部庶務係
電話/042-778-8704

開催地

ユニコムプラザさがみはら セミナールーム1・2

神奈川県相模原市南区相模大野3丁目3−2bono相模大野 サウスモール3階 ユニコムプラザさがみはら
神奈川県相模原市南区相模大野3丁目3−2bono相模大野 サウスモール3階 ユニコムプラザさがみはら
申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る