%e6%9d%bf%e9%96%80%e5%ba%97%e4%bd%93%e5%88%b6%e3%81%a8%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%ab%e3%81%8b %e6%9c%9d%e9%ae%ae%e6%88%a6%e4%ba%89%e3%81%ae%e5%85%8b%e6%9c%8d%e3%81%a8%e6%9d%b1%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%81%ae%e5%b9%b3%e5%92%8c%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab

研究会「板門店体制とはなにか:朝鮮戦争の克服と東アジアの平和のために」

セミナー・シンポジウム・事前準備なし 無料
基礎・教養 言語・コミュニケーション 政治・法 国際関係
主催者
明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
開催期間
2019年02月16日(土)
申込期間
随時募集
開催地域
関東
対象者
小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生 / 高校生 / 大学生 / 社会人
事前準備
事前準備なし
なし
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

板門店体制とはなにか:朝鮮戦争の克服と東アジアの平和のために

このたび、明治学院大学国際平和研究所では、韓国より社会学者の金學載さんを招き、「板門店体制とはなにか:朝鮮戦争の克服と東アジアの平和のために」という研究会を開催いたします。

金學載さんは朝鮮半島の分断と平和体制についての研究を進めてこられ、2015年には『板門店体制の起源:朝鮮戦争と自由主義的平和プロジェクト』(フマニタス、ソウル)を刊行されました。

停戦協定により形成された不安定で流動的な軍事停戦体制を「板門店体制」と名付け、これを「失敗した平和プロジェクト」として把握する金學載さんの研究は、東アジアの平和への道筋をさぐるうえでの貴重な示唆を私たちに与えてくれるものと考えます。

ディスカッサントとして国際政治学者の武者小路公秀さんをお招きして、朝鮮戦争の克服のための条件を議論したいと考えております。これからの東アジアの平和のための課題を探る議論の場に、ぜひご参加ください。

イベント詳細

報告者:金學載氏(ソウル大学校統一平和研究院HK教授)
ディスカッサント:武者小路公秀氏(PRIME客員所員)

日時・会期

2019.02.16[土] 14:00~17:30

場所

明治学院大学 白金校舎
本館10階大会議場

料金・準備物

◆料金
無料

◆準備物
なし

お申し込み

参加申込み不要

その他・注意事項

言語:日本語・朝鮮語(通訳あり)

お問い合せ

明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
TEL/03-5421-5652 
FAX/03-5421-5653 
URL/http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/
E-MAIL/prime@prime.meijigakuin.ac.jp

開催地

明治学院大学 白金校舎

東京都港区白金台1丁目2 明治学院大学 白金キャンパス
東京都港区白金台1丁目2 明治学院大学 白金キャンパス
申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る