%e3%81%a8%e3%81%af%e3%81%99%e3%81%8b%e3%81%9f%e3%82%8a

「とはすかたり―文学部の肖像―」展

展示・見学・事前準備なし 無料
基礎・教養 文学 アート・表現
主催者
九州大学文学部 / 文学部歴史編纂室 / AQAプロジェクト
開催期間
2019年02月01日(金) ~ 2019年03月20日(水)
申込期間
随時募集
開催地域
九州・沖縄
対象者
小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生 / 高校生 / 大学生 / 社会人
事前準備
事前準備なし
なし
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

とはすかたりー文学部の肖像ー

本展は「文学部」「語り」「肖像画」をめぐる展覧会です。展示されるのは、遠い過去の歴代文学部教授たちの肖像画と、現役文学部の先生方へのインタビュー映像、その先生方の思いの詰まった品々です。そしてここに、福岡県在住の現代美術家、鈴木淳による作品=文学部の現在の先生が肖像画の中の教授にインタビューする映像が加わります。時を超えて対峙する過去と現在の教授たち、物言わぬ肖像画と雄弁な語り、そして語られるモノたち、それらの展示物が渾然となって、「文学部」とは、「語り」とは、「肖像」とはなにかと問いかけるようです。

本展の企画構成は、鈴木淳と、九大文学部で美学美術史を学ぶ学生たちによるAQAプロジェクトとが共同で行います。また、本展は、QRプロジェクト「九州大学人社系研究拠点形成のための記録・保存・展示」の成果に基づくものであり、文学部歴史編纂室の活動の一環でもあります。

イベント詳細

◆アーティスト紹介
鈴木淳
現代美術家。1962年、北九州市生まれ。1987年熊本大学理学部生物学科卒業。その後、絵画制作を行うも、1994年、第6回CASKサマースクールへの参加を転機に、現代美術家として多種多様な表現活動を展開。日常の出来事を切り取った映像作品や、ある空間に異質な既製品を設置するなど、鑑賞者に多様な解釈を促す作品を多数制作している。

◆関連事業
ギャラリートーク
日時 2019年2月23日[土]/3月2日[土]
  13:00- / 15:00-(各2回)
会場 九州大学椎木講堂ギャラリー
内容 学生による作品解説

日時・会期

◆会期
2019年2月1日(金)—2019年3月20日(水)

◆開館時間
10:00~17:00

◆休館日
日曜・祝日

場所

九州大学伊都キャンパス 椎木講堂ギャラリー

料金・準備物

◆料金
無料

協賛・協力など

◆共催
平成29-30年度QRプロジェクト人社系アジア研究活性化重点支援「九州大学人社系研究拠点形成のための記録・保存・展示」(研究代表者 飯嶋秀治准教授)

◆協力
九州大学総合研究博物館

お問い合せ

AQAプロジェクト
〒819-0395 福岡市西区元岡744番地 九州大学美学美術史研究室内
TEL/092-802-5110
Email/aqaproject@gmail.com

開催地

九州大学伊都キャンパス 椎木講堂ギャラリー

福岡県福岡市西区元岡744 椎木講堂
福岡県福岡市西区元岡744 椎木講堂
申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る