%e6%98%8e%e6%b2%bb150%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5 %e8%8f%af%e3%81%b2%e3%82%89%e3%81%8f%e7%9a%87%e5%ae%a4%e6%96%87%e5%8c%96 %e6%98%8e%e6%b2%bb%e5%ae%ae%e5%bb%b7%e3%82%92%e5%bd%a9%e3%82%8b%e6%8a%80%e3%81%a8%e7%be%8e

平成31年度 学習院大学史料館春季特別展 「明治150年記念 華ひらく皇室文化-明治宮廷を彩る技と美-」

展示・見学・事前準備なし 無料
基礎・教養 文学 デザイン・ものづくり ファッション・生活
主催者
学習院大学史料館
開催期間
2019年03月20日(水) ~ 2019年05月18日(土)
申込期間
随時募集
開催地域
関東
対象者
小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生 / 高校生 / 大学生 / 社会人
事前準備
事前準備なし
なし
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

明治150年記念 華ひらく皇室文化-明治宮廷を彩る技と美-

平成30年(2018)は、明治維新から150年でした。これを記念し「明治150年記念 華ひらく皇室文化-明治宮廷を彩る技と美-」展が全国巡回で開催されております。そのフィナーレを飾るのが当館会場展となります。

明治時代、諸外国との外交のために皇室では洋装を採り入れ、洋食にて外国使臣をもてなしました。その舞台は、延遼館、鹿鳴館そして明治宮殿へと移り変わります。日本文化を海外に紹介するために帝室技芸員制度をつくり、江戸時代から続く美術・工芸の保護育成を図ります。宮中晩餐会の食器、ボンボニエールなど華やかな宮廷文化をご覧いただくと共に、明治皇室が守り伝えようとした日本の技と美をご紹介いたします。

イベント詳細

◆華ひらく皇室文化展みどころ
平成30年は明治維新から150年目の記念すべき年にあたり、明治期の宮廷文化にスポットを当てた展覧会を企画、2018年春から2019年にかけて、名古屋・秋田・京都・東京(2会場)の5会場を巡回します。
近代国家をめざした明治という時代、政府と皇室は、欧米諸国との融和をはかるため、美を凝らした鹿鳴館において、外国使節をもてなすとともに、日本独自の芸術品を広く海外に紹介しました。
こうした動きは日本の国際的地位を高める一方で、江戸時代から続く美術・工芸の保護育成に大きな役割を果たしました。
本展覧会は明治期の皇室が伝えた美と技を観ることができるまたとない機会であり、華やかな明治期の宮廷を彩った調度品や染織品、帝室技芸員の絵画・工芸品を一堂に集め、明治期の日本の、美と技の粋を堪能していただきます。

日時・会期

◆会期
2019年3月20日(水)~5月18日(土)

◆開室時間
月~土 10:00~17:00

◆閉室日
日曜・祝日、5月1日(水)

◆特別開室日
4/14(日)(「オール学習院のつどい」)

場所

学習院大学史料館展示室(学習院大学 北2号館1階)

料金・準備物

◆料金
入場無料

◆準備物
なし

協賛・協力など

共催/泉屋博古館分館、一般社団法人霞会館
協力/学校法人学習院、常磐会
制作/華ひらく皇室文化展実行委員会

その他・注意事項

【関連講演会】
◆第88回 学習院大学史料館講座「華ひらく皇室文化-明治宮廷を彩る技と美-」展関連シンポジウム
 日時:平成30年4月27日(土)13:30~16:30
 講師:彬子女王殿下・小松大秀氏・長崎巌氏・野地耕一郎氏・森下愛子氏
 会場:学習院創立百周年記念会館 正堂
 *入場無料・事前申込不要(先着700名)

【ゲストトーク】
 日時:4月14日(日)11:00~小松大秀氏、14:00~ 森下愛子氏
 史料館展示室にて
 *参加無料・事前申込不要(開始時間に展示室にお集まりください)

【ギャラリートーク】
 日時:3月23日(土)14:00~当館学芸員
 史料館展示室にて
 *参加無料・事前申込不要(開始時間に展示室にお集まりください)

お問い合せ

学習院大学史料館
〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1
TEL/03-5992-1173

開催地

学習院大学史料館展示室(学習院大学 北2号館1階)

東京都豊島区目白1丁目5−1 学習院大学
東京都豊島区目白1丁目5−1 学習院大学
申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る