%e7%94%9f%e8%82%b2%e4%b8%8d%e8%89%af%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%81%ae%e6%a0%84%e9%a4%8a%e8%a8%ba%e6%96%ad%e3%82%92%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%82%88%e3%81%86

ひらめき☆ときめきサイエンス「生育不良になった植物の栄養診断をしてみよう!」

参加・体感・事前準備あり 無料
基礎・教養 数理 生物・農業 環境
主催者
広島大学
開催期間
2019年09月08日(日)
申込期間
~ 2019年08月23日
開催地域
中国
対象者
中学生 / 高校生
事前準備
事前準備あり
なし
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

このイベントに関連があるSDGsの17の目標

4: 質の高い教育をみんなに 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう 15: 陸の豊かさも守ろう

ひらめき☆ときめきサイエンス「生育不良になった植物の栄養診断をしてみよう!」

みなさんは植物を育てた経験があると思いますが、植物を最後(収穫期)まで育てあげることができましたか?途中で枯らせちゃっ
たことはありませんか?
わたしたち人間は食事をとることで、体の成長に必要な栄養分を摂取しています。植物は、生育に必要な栄養分を土壌から獲得する必要があります。植物が健全に育つためには、様々な必須元素が必要になりますが、このうち、窒素やリン酸、カリウムは「肥料の三要素」と呼ばれ、土壌中に多量必要となります。一方で、土壌に蓄積されると植物の生育を悪くする有害な元素もあり、しばしば塩害を引き起こすナトリウムはその代表例です。

本プログラムでは、必須元素や有害元素の過不足が植物の生育にどのような影響を与えるのか、植物体の症状や元素分析を行うことで、植物の栄養診断について学習します。植物が好きな方、栽培や分析が好きな方は一緒に学習しましょう!

イベント詳細

◆スケジュール
9:00 ~ 9:20 受付(生物圏科学研究科・2 階ロビー集合)
9:20 ~ 9:40 開講式
9:40 ~ 10:10 講義①「植物の必須元素・有害元素」
10:10 ~ 10:30 今日の実習内容の説明
10:40 ~ 11:00 実験①「イネの観察~どのような症状がでているのか調べよう~」
11:00 ~ 12:00 実験②「イネの葉からの元素抽出」
12:00 ~ 13:00 昼食・休憩・記念撮影
13:00 ~ 14:10 実験③「イネの葉の元素分析-1」
14:20 ~ 15:30 実験④「イネの葉の元素分析-2」
15:40 ~ 16:30 クッキータイム・ディスカッション
16:30 ~ 17:30 プレゼンテーション
17:30 ~ 18:00 修了式
18:00 終了・解散

◆講師
上田 晃弘(うえだ あきひろ)
大学院統合生命科学研究科・准教授

対象・定員

◆対象
高校生、中学 3 年生

◆定員
20 名

日時・会期

2019年9月8日(日) 9時~18時

場所

◆集合場所・時間
広島大学生物生産学部 2 階ロビー 午前 9 時

◆開催会場
広島大学生物生産学部(東広島キャンパス)
〒739-8528 広島県東広島市鏡山 1-4-4

料金・準備物

◆参加費
無料

◆持ち物
筆記用具、タオル

お申し込み

◆申込方法
申込フォームよりお申し込みください。

◆申込締切
令和元年 8月23日(金)

お問い合せ

広島大学大学院統合生命科学研究科(生物生産学部)
上田 晃弘
〒739-8528 広島県東広島市鏡山1-4-4
電話/082-424-7963
FAX/082-424-7963
メール/akiueda@hiroshima-u.ac.jp

開催地

広島大学生物生産学部(東広島キャンパス)

広島県東広島市鏡山1丁目4 生物生産学部
広島県東広島市鏡山1丁目4 生物生産学部
申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る