%e9%80%a3%e7%b6%9a%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7 %e5%a4%a7%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%95%99%e9%a4%8a%e5%80%b6%e6%a5%bd%e9%83%a8 %e5%85%a813%e5%9b%9e %e5%a4%9a%e6%a7%98%e6%80%a7%e3%81%ae%e6%95%99%e9%a4%8a%e5%ad%a6  %e3%81%82%e3%82%8b%e3%81%84%e3%81%af%e6%95%99%e9%a4%8a%e5%ad%a6%e3%81%ae%e5%a4%9a%e6%a7%98%e6%80%a7

連続公開講座『大人の教養倶楽部』全13回「多様性の教養学、 あるいは教養学の多様性」

セミナー・シンポジウム・事前準備なし 無料
基礎・教養 文学 言語・コミュニケーション 政治・法 経済・ビジネス 社会・コミュニティ 国際関係 数理 工学 IT デザイン・ものづくり 生物・農業 看護・保健・福祉 医・歯・薬 教育 アート・表現 ファッション・生活 心・身体 宇宙 環境
主催者
東北学院大学 教養学部 / 人間情報学研究所
開催期間
2019年09月12日(木) ~ 2019年12月12日(木)
申込期間
随時募集
開催地域
東北
対象者
小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生 / 高校生 / 大学生 / 社会人
事前準備
事前準備なし
なし
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

このイベントに関連があるSDGsの17の目標

4: 質の高い教育をみんなに 10: 人や国の不平等をなくそう 11: 住み続けられるまちづくりを

多様性の教養学、 あるいは教養学の多様性

本公開講座は、教養学部における知的営みの幅広さと奥深さと面白さを知っていただくことを目的として開くものです。学内で最も多くのスタッフを擁する教養学部は、同時に、そのスタッフを多種多様な学問領域から集めている学部でもあります。今年度は本学部の重要なアイデンティティの一つである「多様性」をテーマに選びました。科学の最前線からアプローチする「多様性」、また現代社会が直面している「多様性」の分析と総合、はては文化の「多様性」とグローバリズムとの軋轢や融和などなど、選りすぐりの講師が、21世紀に生きる我々の教養に不可欠な「ものごとを多種多様な視点から複層的に捉える」ことの楽しさをお伝えします。

イベント詳細

◆講座
▶︎第1回
ダイグロシア(diglossia)って何 ―中華圏の場合
塚本信也

▶︎第2回
1.2%の差からみる多様性:人間らしさを考える
東海林渉

▶︎第3回
エスニック・ジョークと地理学
柳井雅也

▶︎第4回
言語の多様性と普遍性
岸浩介

▶︎第5回
多様性との共生を考える教育
坪田益美

▶︎第6回
生き物、38億年の試行錯誤
牧野悌也

▶︎第7回
心を温かくする生物多様性
平吹喜彦

▶︎第8回
モノのインターネット(IoT)による多様な地域課題への取り組み
高橋秀幸

▶︎第9回
ことばの多様性―韓国語と日本語の比較を通して
金亨貞

▶︎第10回
「LGBT」から「SOGI」へ―性の属性の多様性
仙田幸子

▶︎第11回
心のケアの多様性―東北地方の巫女(シャマニズム)をめぐって
D.K.アンドリュース

▶︎第12回
整数の多様性
小林善司

▶︎第13回
コミュニティの多様性と健康づくり
高橋信二

対象・定員

◆対象
どなたでもご参加いただけます

◆定員
30名

日時・会期

◆毎週木曜日
第1回:9/12(木)
第2回:9/19(木)
第3回:9/26(木)
第4回:10/3(木)
第5回:10/10(木)
第6回:10/17(木)
第7回:10/24(木)
第8回:10/31(木)
第9回:11/7(木)
第10回:11/21(木)
第11回:11/28(木)
第12回 :12/5(木)
第13回:12/12(木)

◆時間
各回18:30~19:45

場所

東北学院大学
土樋キャンパス ホーイ記念館

料金・準備物

受講料無料

お申し込み

◆申込方法
直接会場にお越しください

お問い合せ

東北学院大学 泉キャンパス庶務係
TEL 022-375-1122 FAX 022-264-6530
E-mail:izsomu@mail.tohoku-gakuin.ac.jp

開催地

東北学院大学 土樋キャンパス ホーイ記念館

宮城県仙台市青葉区片平2-1-3 東北学院大学 ホーイ記念館
宮城県仙台市青葉区片平2-1-3 東北学院大学 ホーイ記念館
申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る