%e7%ac%ac7%e5%9b%9e %e6%9f%b4%e7%94%b0%e5%8d%97%e9%9b%84%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e8%a9%95%e8%ab%96%e8%b3%9e %e4%bd%9c%e5%93%81%e5%85%ac%e5%8b%9f

第7回<柴田南雄音楽評論賞>作品公募

公募・コンクール・事前準備あり 無料
基礎・教養 文学 言語・コミュニケーション デザイン・ものづくり アート・表現 ファッション・生活
主催者
桐朋学園音楽部門
開催期間
2020年09月01日(火) ~ 2020年09月30日(水)
申込期間
~ 2020年05月29日
開催地域
その他
対象者
小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生 / 高校生 / 大学生 / 社会人
事前準備
事前準備あり
あり
※「事前準備あり」の場合、申込みすること以外の事前準備が必要です。

このイベントに関連があるSDGsの17の目標

4: 質の高い教育をみんなに 12: つくる責任つかう責任 17: パートナーシップで目標を達成しよう

第7回<柴田南雄音楽評論賞> 公募のお知らせ

音楽評論を社会に発表し、音楽文化の質の向上に貢献することのできる音楽評論家を育てることを目標として、将来期待される有能な個人に対し、その活動を顕彰し、または助成する賞金を授与するため、下記の要項に従って、作品を公募します。

イベント詳細

下記の(1)(2)の応募作3編を提出すること。日本語に限る。
(1)演奏会批評・・・個評2編
*2019年12月1日以降 2020年5月28日までの国内で開催された演奏会に対して批評する。
*字数制限・・・1編につき1,000字まで
(2)音楽、音楽界の現状、未来への深い視野を持った未発表の音楽時評もしくは音楽評論1編(学術論文ではありません)
*テーマは自由
*枚数制限・・・400字×15~25枚(6,000字~10,000字)

対象・定員

◆応募資格
国籍、年齢を問わない。

審査

◆審査方法
書類選考(必要に応じて面接あり)
◆審査員
審査委員長 : 三浦 雅士 (評論家)
吉田 純子(朝日新聞編集委員)、 長木 誠司( 音楽学者)、
平野 昭( 音楽学者)、 松本 良一( 読売新聞文化部記者)

優秀者1名に対し、<柴田南雄音楽評論賞>を授与する。
<柴田南雄音楽評論賞>・・・賞状と賞金(60万円)。奨励賞の場合は賞状と賞金(30万円)

発表

◆発表日
2020年9月頃

お申し込み

◆申込方法
応募作とともに下記の事項を記入した書類を提出する。
氏名・住所・電話番号・性別・生年月日・略歴・応募のきっかけ(何で知ったか)
※原則、郵送あるいは、電子メールでの送付。
なお、電子メールの場合、件名に「柴田南雄音楽評論賞」と明記し、PDFファイルで送付のこと。本学から受領の確認メールを送信いたしますので、その受信をもって受付完了とします。
※応募いただいた作品は返却いたしません。
◆提出期限
2020年5月29日(金) 16時30分 必着

お問い合せ

桐朋学園音楽部門 柴田南雄音楽評論賞 係
〒182-8510 東京都調布市若葉町1-41-1
Tel:03-3307-4101 E-mail:n-shibata-mca@tohomusic.ac.jp
お問い合せ時間(日・祭日は除く)
月~金:午前10時~午後5時

申込み・詳細はこちら

関連イベント

もっと見る